火災保険における一部保険ってどんなもの?

火災保険の用語に一部保険というものがあります。
この一部保険とはどういったものなのかといいますと、保険の対象となるもの、つまり火災保険の場合では住宅などですが、その価値よりも補償される保険金の金額が少ない場合のことを言うのです。
例えば物件の価値が4000万円の住宅だと仮定して、その物件が全焼してしまった場合、そのまま4000万円が損害額となる訳ですが、これに対して保険金は2000万円しか支払われない設定の補償内容といったケースです。
一部保険の場合、仮に一部損害で1000万円の損害だったとしても、やはり同様に減額されて500万円の保険金という風になりますので注意が必要です。
保険料を抑えられるというメリットはあるのですが、できれば避けたほうが無難でしょう。