<p>インターフェロンの意味をwikiで調べてみますと、病原体・腫瘍細胞など、異物の侵入に反応して体内の細胞が分泌する蛋白質。と記載されています。分泌されたインターフェロンは、ウィルスの増殖を防ぎ、免疫系の炎症を鎮める役割があるそうです。これらの作用により、ウィルス性の肝臓の病気、B型・c型肝炎の治療薬として用いられます。また、強い抗ガン作用もある事から、悪性腫瘍の抗がん剤として使われることもあるそうです。肝炎のインターフェロン治療は、人によって効果がまちまちだそうです。これは血液中のHCV量によって効果が得られるかどうか解るようです。HCV量はHC-RNA定量検査という検査によって判定される様です。</p>

関連ページ